• SEOブログパーツ

第91回箱根駅伝 順位予想 駒澤大学が7年ぶりの優勝へ

節約アドバイザーのヨースケ城山です。

第91回箱根駅伝 順位予想 駒澤大学が7年ぶりの優勝へ


いよいよあと10日ほどにせまりました箱根駅伝 来年はどのチームが優勝するのか?

箱根駅伝のエントリーが発表されたことをうけて恒例の順位予想をしてみたいと思います。


箱根駅伝トークバトルより引用
「ポイントの区間はどこか」との質問では、1区に注目が集まった。連覇を目指す東洋大の酒井監督が「高速になるかどうかで、レース全体の流れが変わる」と警戒すると、日体大の別府監督も「大半のチームは、1区が全てだと思う」と同調。これに対し、駒大の大八木監督は「1区は、どのチームもそれなりの選手が来る。2区でどれだけ抜け出せるかが大事」と戦略の一端を披露した。

とあるようにやはり前半勝負のながれは昨年通りだと思います。では各チームの1区、2区で誰が配置されどのような展開になるのか、優勝はどこかなどを見ていきたいと思っております。

昨年の展開をみると3区で決まってしまった感がありますので今年は3区でトップに立っているのはどこの大学か?を予想してみようと思います。



1位 駒澤大学 



区間予想 1区 中谷 2区 村山 3区 西山 4区 工藤 5区 馬場 6区 西沢 7区 其田 8区中村 9区 黒川 10区 高本



という感じでオーダーを組みました。各大学の監督がいうとおり、ポイントは前半ここでまず首位に立てるかどうかがポイントです。ライバルの東洋大学は例年穴がなく、復路にも良い選手を残して優勝しております。駒澤が優勝するためには前半の3区でトップに立ち、なおかつ復路にも良い選手を残しておいて安定して勝ちきるということが必要です。今回は1区に中谷なら区間賞もあり得ますし、最低でもトップと30秒差で2区にわたると予想します。2区では村山が普通に走ってくれればトップで3区になり、5区、6区と昨年の山登り、下りの経験者がいるので安定してトップを守ることが出来ると思われます。そして7区、8区、9区で東洋大学の追撃が始まるはずなのでそれをかわすためにこの区間も強い選手を残しておきます。4区と10区に1年生を入れたのは来年以降を見据えての戦略です。

自分でオーダーを組んでおきながらこの安定感のすばらしさはやはり優勝候補筆頭です。よほどの事がない限り、優勝は間違いないと思います。選手の皆様あとは体調管理だけですのでしっかりと整えて本番に期待しております。



2位 東洋大学



区間予想 1区 上村 2区 勇馬 3区今井 7区 弾馬 8区 高久 9区 田口 



という感じでバランスを取って勝負してくると思います。1区は上村でトップと30秒差、勇馬でトップを狙いに行く、そのままの流れでトップで往路優勝を狙ってくると思います。山に関しては経験者がいませんがそれでも7区以降に区間賞を取るメンバーを並べております。一時2位に下がったとしてもまたトップに上がってくる力は十分にあります。田口主将が復路にまわると非常に怖いです。もし例年通り田口1区なら復路が薄くなり、駒澤としてはありがたいです。



3位 青山学院大学



区間予想 1区 一色 2区 神野 3区 久保田 4区 川崎 7区 小椋 8区 高橋 9区 藤川


といった感じでしょうかこちらも前半型ですがバランスをとってくると思われます。4年生組を復路に配置して3区までにトップに立って粘り勝ちをもぎ取るという感じですね。強力な1区~3区が力を発揮すれば往路優勝も考えられます。すると安定感のある復路組がそのままゴールということも考えられます。



4位 明治大学



区間予想 1区 文元 2区 横手 3区 木村 7区 大六野 8区 有村 9区 松井


といった所でしょう。2区の横手が今、学生の中では1番強い可能性があるので2区でトップもあり得ます。そして後半に強い最強世代を残しておいて有終の美を飾りたいところです。しかし最強世代の1人八木沢がエントリーから外れたことが痛すぎます。最強世代全てがそろっていれば優勝もあったのでしょうが・・・悔やまれます。



5位 早稲田大学 



区間予想 1区 光延 2区 高田 3区 柳 4区 平 5区 山本 6区 三浦



は間違いないでしょう。早稲田が優勝するためには往路優勝を狙うしかないです。しかし昨年の2区 高田 区間賞 4区 平 2位 6区 三浦 2位 一昨年の5区 山本 3位と実績は十分です。そこで1区に伸び盛りの光延を入れてトップ争いで2区につなぐことが出来ればもしかしてだけどが発生します。復路に不安は感じますが。渡辺監督の最終の美を優勝で飾ることが出来るのか?期待が高まります。



あともう少しで区間エントリーも発表されますね。また区間エントリーが発表されたら改めて
予想してみたいと思います。