• SEOブログパーツ

預金連動型の住宅ローンは姿を消してしまうのか?あまりにも利用者に有利な住宅ローンの結末

節約アドバイザーのヨースケ城山です。

 

先日、気がついたのですが私のブログに遊びに来て下さる中に
「東京スター銀行 預金連動型終了」というキーワードでいらっしゃる方がいてあわててホームページで確認しました。知らなかったのですが2014年3月31日をもちまして東京スター銀行のスターワン住宅ローンは受付を終了していますとのことです。私の本やブログを読んで興味を持った方がいましたら申し訳ないと思っております。

代わりにスターフィット住宅ローンというのが誕生しましたがこれは預金連動型ではありません。一番の預金連動型の大手がついに取り扱いをやめてしまいました。なんで預金連動型を辞めてしまったのかの理由は推測するしかありませんが、単純に儲からないからだと思います。銀行の利益というのはお金を貸して、そこから利息を取ってそれが営業利益になります。その営業利益が預金連動型では少ないというのが単純な理由です。

 

預金連動型というのは例えば2000万円の住宅ローンをお借りして、預金を1000万円入れると1000万円分にしか利息が付かないローンのことです。
極端な話、2000万円の住宅ローンをお借りして預金が2000万あれば利息は0円になり、ただで2000万円が借りれる住宅ローンなのです。富裕層中心の住宅ローンと言われておりますがそんなことはありませんでした。私の場合は1400万円の借入ですが、借入当初は300万円位の預金でした。それでも
300万円預金の分は利息が付かないのですから、300万円はただで借りれたことになります。これは本当にありがたいことです。

 

そんな東京スター銀行の預金連動型スターワン住宅ローンがついに姿を消してしまいました。私も借りるときに何故大手の都市銀行や地方銀行は同じ制度を作らないのか疑問に感じました。しかし考えてみると大手では住宅ローンの申し込みはいくらでもいろんな所から紹介されるのでわざわざ利益を減らすようなローンは組むはずがないと思っていました。つまりこのローンは大手の銀行にとっては採用できない制度なのです。ということは住宅ローンを借りる人にとっては有利な住宅ローンでした。

 

そんな住宅ローンですからいつかはなくなるだろうと思って借りた東京スター銀行 スターワン住宅ローンですが終了を聞いて寂しい限りです。今まで紹介させていただいた皆様には今後ご迷惑をおかけします。

そんな中で知名度を上げるためや独自路線を打ち出したい東京スター銀行ですがついに預金連動型からは降りてしまいました。今、現在借りている方は
この制度が継続されるということを聞いて安心しております。今でも私は預金連動型の住宅ローンが一番、借りる側からすれば得になる住宅ローンだと確信しております。転職などにより、多少の失敗はありましたがそれでも先に借り換えをして良かったと思っております。

 

2014年7月現在も住宅ローンの金利はまた一段と下がって変動金利で0.7%まで下がっております。10年固定でも1.2%位でしょうか?
もう底だと思われていた。金利も最低の最低ラインまで下がってきています。私は今が最高のチャンスだと思っております。

何のチャンスだって?!もちろん住宅ローンの借り換えです。家を買うのはまだ待った方が良いと思います。これから消費税が10%になるので
その時に政府から住宅購入の支援がある可能性があります。それを見てからでも買うタイミングは計った方が良いと思います。

 

今のタイミングは借り換えのタイミングです。一度自分の住宅ローンの金利を確認してみてください。固定でも2.0%、変動でも1.0%以上で
で借りている人は本当にチャンスですよ。0.5%でも金利が変われば2000万円の住宅ローンでも年10万円のお得になります。10年間で100万円も浮く計算になります。住宅ローンの借り換えはそんなに難しいものではございません。やる気になれば誰でもできます。

1日、2日動くだけで100万も得するのですから、すぐに検討を始めてほしいと思っております。

 

しかし金利は生き物ですから変動金利で借り入れして金利が急上昇することも頭に入れて自己責任で動いていただきたいと思っております。

 

さて預金連動型住宅ローンは全て終わってしまったのかというとそうでもなく今でも地方銀行の一部では行われております。私の予想では預金連動型は将来的には全て姿を消すと思っております。理由は儲からないからです。お金を持っている方はお金の管理に強い力を発揮します。すると持っているお金をどういう形で預金する。投資するという知恵に長けています。そういう方たちが今後残っている預金連動型に移動していくと思われます。すると預金連動型は儲からない住宅ローンなので次々と撤退を始めると思います。

 

あまりにも預金者に有利なこの預金連動型住宅ローンもしご検討されたいのであれば早めの検討がよろしいかと思います。

参考までに

2014年7月現在 預金連動型をやっている銀行


○関西アーバン銀行 https://www.kansaiurban.co.jp/shohin/loan/house/pe_6_22.html

○山陰合同銀行 https://www.gogin.co.jp/www/contents/1000000805000/index.html

○西武信用金庫 http://www.seibushinkin.jp/housingloan/value.htm

○北日本銀行 http://www.kitagin.co.jp/loan/new_kazokuai/

○愛媛銀行 http://www.himegin.co.jp/personal/service/loan/home_loan/ai/ai_tokucho1.html

 

他にも探せばあるかもしれません。ただ2014年7月現在 住宅ローンの借り換えは最高の時期に来ています。将来を見据えて慎重に早急に
借り換えを進めてみてください。将来の100万円、200万円、場合によっては500万円の節約のために!!

 

ブログランキングに参加しています。クリックお願いいたします。