• SEOブログパーツ

2014年

3月

22日

携帯電話があれば固定電話はいらないという世の中ですが固定電話は必要です。IP電話同士なら通話料無料!

固定電話は必要ですか?一人暮らしの方なら要らないと思いますが、家庭もちには必要ですよね。 これも通話をすれば、それだけ料金はかさみますが、遠くに住んでる両親などに頻繁にかける家庭はIP電話は必需品でしょう。どんなに長く話してもタダなのですから・・・。

 

ただし、そのプロバイダー同士が同じ提携グループ内であることが条件ですが。こんなに便利なものはありません。通話料がかからないのですから・・・。ちなみに現在では提携グループというのは大体以下の4つです。

・NTTグループ 

・KDDI 日本テレコムグループ 

・ぷらら NTT-MEグループ 

・フュージョンコミュニケーショングループの4つです。

プロバイダーが全く同じでないといけない条件ではありません。どのプロバイダがどこのプロバイダを提携しているか、を確認する必要があります。 

よく電話をかける家がどのプロバイダーなのかを確認してから、プロバイダーを決定しましょう!!

 

 そもそも、IP電話とはなんぞや、という方の為に簡単に説明しておきますと、IP電話とは、インターネット回線を利用した電話の事で、通常今のお使いの加入電話の他に、050から始まる電話番号がプロバイダーからもらえます。

この番号から、同じ提携グループである、050から始まる番号にかけると通話料が無料になるというものです。

 

もちろん、IP電話から普通の加入電話や、携帯電話にもかけることは出来ます。(しかしこの場合は通話料は発生します。)

しかし、加入電話からかけるよりも5割から9割安くかけることが出来ます。もちろん海外への電話料金も格安になります。

現在、実家の両親や、出てきた田舎との連絡をこまめにしているという方は、ご年配の方こそ多いのではないでしょうか。こういったものがあるよ、というのを是非教えて差し上げてください!

やはり遠く離れた家族などと電話で話す時、電話料を気にしないで話せる、という事は喜ばれること間違いなしです! ただし、IP電話の加入の際にはパソコンが必ず必要なので、持っていないおじいちゃん、おばあちゃんの家には工夫が必要です。

その工夫とは、始めのセッティングの時に業者の人にパソコンを持ってきてもらい、その後取り外してもらえればOK!!パソコンなしでもIP電話が始まります。

その代わり、毎月のプロバイダー使用料や、モデムレンタル料などはかかりますので、そこのところはどれだけ料金がかかって、どれだけ得になるかを考えて把握しておく事が重要です。

人気ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
>